【3週間レビュー】ロジクールから疲れにくいキーボード「WAVE keys K820」が登場!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!Neet Blog編集部@NeetBlog_EDです。
キーボードを使ってるとき手首疲れてない?

今回はPCで作業をする人におすすめのタイピングしても疲れにくいキーボード『Logicool Wave Keys』をご紹介します。

特に筆者のようにブログを書いたりプログラマーのように、一日中タイピングする方にはおすすめです。

Youtubeでの解説はこちら

YouTube
【2週間レビュー】ロジクールから疲れにくいキーボード「WAVE keys K820」が登場! 提供:ロジクール今回はタイピングし続けても疲れにくいエルゴノミックキーボード「WAVE keys K820」をレビューしてみました。とても使いやすくテンキー付きでコンパクトな...

2~3週間ほど使用していましたが、手首や肩が疲れたなどはありませんでした。

普段からタイピング中に疲れを感じる人はぜひ使ってみてください!

メリットデメリット
イピングしやすい
手首が疲れにくい
バッテリー持ちが良すぎる
コンパクトなのにテンキー付き
パームレストが少し小さい
日本ではUS配列がない

提供:当記事はサンプル品を貸出していただきレビューしております。

目次

Wave Keysのスペック

型番K820
バッテリー単四形乾電池x2
バッテリー持ち最長36ヵ月
アプリLogi Options+アプリ
接続Logi Bolt USBレシーバー(同梱)
Bluetooth® Low Energyテクノロジー
ワイヤレス通信可能範囲10mのワイヤレス動作可能範囲
対応OSBluetooth Low Energy
Windows 10、11以降
macOS 11以降
iPadOS 14以降 
ChromeOS™ 
Linux® 
Android™ 9.0以降 

Logi Bolt USBレシーバー
必須:USBポート
Windows 11以降、Windows 10
macOS 11以降
ChromeOS 
Linux
サイズ長さ: 375.97mm
: 218.91mm
高さ: 30.53mm
重量(電池を含む): 750g
保証2年間無償保証

バッテリー持ちがめちゃくちゃ良いので使いやすそうですね!

外観レビュー

正面から見るとこんな感じ。

普通のキーボードとは違って、すこし丸みのあるキーボードとなっております。

Wave Keysは名前の通り「Wave」感があり、水平に見たときに、ホームポジションの人差し指部分が少しもっこりしています。

地味に盛り上がっていることで力を抜いた状態でタイピングが可能に。

背面はシンプルに高さ調節と、電池を入れるところのみ。

単四型乾電池2本で最長36ヵ月連続使用できます。

またBluetoothのみで使う人にはLogi Bolt対応のUSBレシーバーを収納する場所があります。

角度は4°の調節が可能です。

高さは出してあげた方が使いやすかったですね。

Wave Keysの打鍵感

Wave Keysはメンブレン式のキーボードで一般的なキーボードです。

これまで紹介してきたキーボードとは違い、ホットスワップには対応していません。

実際の打鍵音はこんな感じ

普段使っているのがリニア軸のゲーミングキーボードなので、打鍵感は少し重たい感じかなと感じました。

キーの配列は少しカーブしているので慣れるのに2~3時間かかりましたが、慣れてしまえばとても使いやすいです。

特に脇を開いてタイピングでき、腕がリラックスした状態なので疲れにくくなっています。

使ってみて感じたこと

ここからは実際に3週間ほど使ってみた感想をお話ししていきます。

メリット

  • タイピングしやすい
  • 手首が疲れにくい
  • バッテリー持ちが良すぎる
  • コンパクトなのにテンキー付き

まず使っていて感じたのは「長時間タイピングしていても疲れない」です。
やはりキーがカーブしているからなのか、手首の疲れがほとんど出ませんでした。

特に手首をハの字に脇を開いてタイピングできるので、とてもリラックスした状態で作業に取り組めました。

またフルサイズキーボードよりコンパクトサイズなのですが、テンキーがついておりブログやプログラミングなど数字を入力する人にはとてもおすすめできます。

デメリット

  • パームレストが少し小さい
  • 日本ではUS配列がない

使って4日目ぐらいで感じたのはパームレストの縦幅が少し小さいかなと感じました。

コンパクトな分、少しパームレストから手が落ちそうになる時がありました。

手が大きい人はもしかしたらパームレストのサイズがギリギリかもしれません。

でもそこまで気にすることではないかな

まとめ

Logicool WAVE KEYS
総合評価
( 4 )
メリット
  • タイピングしやすい
  • 手首が疲れにくい
  • バッテリー持ちが良すぎる
  • コンパクトなのにテンキー付き
デメリット
  • パームレストが少し小さい
  • 日本ではUS配列がない

ここまで紹介してきましたが、今回はメーカー様からの貸し出しでレビューしましたが、正直とてもほしいです。

もうすでに返却しましたが、今後はアリエクスプレスでホワイトverを購入しようかと思っています。そちらの方がUS配列も打っているので検討中です。

Wave Keysは作業をする人にとてもおすすめのキーボードです。特にテンキーついてるのがいいですよねぇ。

もしコンパクトサイズでテンキー付き、手首にも優しいキーボードを探している人はぜひ使ってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーミングデバイスをメインにガジェットやグルメなど様々な分野を発信。
ニート生活で役に立った情報が中心。
お仕事依頼やご要望は「TwitterのDM」または下記「お問い合わせ」へお願いします。

コメント

コメントする

目次