X(旧Twitter)とYoutubeもフォローしてね!

Epomaker x AULA F75を開封レビュー!しっとりした打鍵感がキモチイイ!!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!サモゴリ@NeetBlog_EDです。

今回はepomaker Aula F75を紹介していきます!

目次

スペック

キーの数80 キー
接続方式Bluetooth、2.4Gワイヤレス、有線
キーの深さ4.0mm
定格電圧DC 3.7V (フル充電時 4.2V)
電圧/電流DC5V≌700mA
バッテリー容量4000mAh 充電式リチウム電池
充電インターフェースType-Cポート
製品重量約1023g (ケーブル/レシーバー含む)
製品サイズ322.7×143.2×43.1±1mm
内容物F75キーボード
2.4Gドングル
Type-Cケーブル
2-in-1 キーキャップ/スイッチプラー
ユーザーマニュアル

epomaker Aula F75は75%キーボードで、ガスケットマウント構造のキーボードです。

外観レビュー

では外観を見ていきましょう!

今回提供していただいたのはブラックとライトブルーの二色。

一般的な75%キーボードと構造は変わらない。配列はUS配列となっている。

Enterキー右側のキー配列は上から順に「Delete・PgUp・PgDn・End・矢印キー」となっており、それらのキーとEnterキーなどの間は隙間がない構造です。

隙間がない分タイピングミスも少し増えそうだね

接続部分は1か所にまとまっており、Bluetooth/有線/2.4GHzの3種類。

2.4GHzドングルもここに収納されています。(ちなみにマグネット収納)

高さ調節は3段階。高さは一般的なキーボードと変わりません。

キーボード底部は滑り止めが4か所にあります。
また中央に技適マークはついてないのでワイヤレス接続はおすすめしません。

使ってみた感想

今までのepomakerで一番の打鍵感

開封してタイピングして一番最初に感じたのは「圧倒的な安定感のある打鍵感」。

今までたくさんのepomakerのキーボードをレビューしてきましたが、一番コトコト感があり全体的なしっとり感が強いです。

実際のタイピング音はこちら

ガスケット構造とシリコンパッドや吸音フォームのおかげで打鍵音以外の音をすべて吸収しています。

キーを押したときの反響音や底打ち音などがとても静か。

何よりスペースキーやエンターキーなどスタビライザーがついているキーのカチャカチャ音が一切なく、最高の打鍵音です!

今まで使っていたキーボードは打鍵音はいいけどスペースキーがカチャカチャ鳴るので、今後はAURA F75がメインのキーボードになりました。

TTC Crescent SwitchとLEOBOG Ice Vein Switchの比較

今回は2種類の軸が手元にあるので比較してみました。

モデル名TTC Crescent Switch
軸の種類リニアスイッチ
ステム素材pok
トップハウジングPOM
押下圧42g
アクチュエーションポイント1.6mm
総移動距離3.6mm
接続タイプ3ピン
TTC Crescent Switchの詳細
モデル名LEOBOG Ice Vein Switch
軸の種類リニアスイッチ
ステム素材pok
トップハウジングPOM
押下圧42g
アクチュエーションポイント1.5mm
総移動距離3.6mm
接続タイプ5ピン
LEOBOG Ice Vein Switchの詳細

どちらもほとんど性能に違いはありませんが、アクチュエーションポイントがLEOBOG Ice Vein Switchの方が1mm反応が早いです。

打鍵感は体感ですが、TTC Crescent Switchの方が軽く感じました。

数値的には同じなんだけどなぁ…

タイプミスが何回か…

AURA F75はエンターキー右横にいくつかのメディアキーがありますが、エンターキーやバックスペースキーと右にキーの間にスペースがありません。

そのため記事を書いているときにたまにタイピングミスをすることがありました。

暗れれば問題なくタイピングできると思いますが、最初はタイピングミスが目立ちましたね。

最初から少しだけスペース欲しかったなぁ

まとめ

ここまで紹介してきましたが、今まで紹介したEpomakerのキーボードで一番気持ちのいい打鍵感でした。

しとっり感の強いキーボードをお探しの方はぜひ使ってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーミングデバイスをメインにガジェットやグルメなど様々な分野を発信。
ニート生活で役に立った情報が中心。
お仕事依頼やご要望は「TwitterのDM」または下記「お問い合わせ」へお願いします。

目次