アイテム

【正直レビュー】EPOMAKERからキーキャップとケーブルが届いたので開封レビュー!

こんにちは!Neet BlogのR(@T0326Rです。

今回は前回に引き続き、『EPOMAKER』様から提供いただいたキーキャップとケーブルについて紹介したいと思います。

提供:EPOMAKER

あわせて読みたい

POPなキーキャップ「Ice Cream(アイスクリーム)」

ではまずはキーキャップから紹介していきます。

外観

今回紹介するキーキャップの名前は「Ice Cream(アイスクリーム)」。

箱の中には2段に分かれたキーキャップが入っています。

開封してみるとこんな感じ。

ぱっと見た感じはPOPな感じ。女性や子供には人気がありそうですね。可愛い系や白いデバイスで揃えてるデスクには映えそうな気がします。

テンキーもあるのでフルサイズキーボードも対応。

キーキャップには日本語が書いてあるのでカナ入力する方にもおすすめ。

shiftキーctrlキーは何個か入っているので気分や好みの色に合わせて使えます。

他にも形の違うCapsキーなどもあります。

中には文字ではなく名前の通り、アイスクリームの絵が描いてあるキーがあります。

ゲーム中によく使う「WASDキー」に設定するのもいいかも!

女性や子供におすすめのキーキャップだよ!!

互換性

このキーキャップはANSIレイアウトと互換性があります。

ANSIレイアウトは簡単に言うと英語配列のキーボードです。

キーキャップの裏側は十字になってます。私の持っているAPEX PRO TKLも同じ形なので交換してみたところ、実際に使用することができました。

しかし、キーキャップのサイズが違うため干渉はしませんでしたがキー同士の距離が近いキーボードには合わないかなと思います。

つけてみた感想

実際につけてみた感想は「かわいい」。

先ほども言いましたが、同じキーでも色が違うものもあるので気分によって変えることができそうです。

これはよく使うWASDにアイスクリーム柄のキーをつけてみました。

これならゲーム中にキーが分からないことがないですね。

つけてみて特に不満点は見つかりませんでした。

しいて言うなら、キーキャップの文字はライティングで透けるようにして欲しかったですね。

MIX Cable(コイルケーブル)

次に紹介するのはEPOMAKERのコイルケーブルです。

コイルケーブルはらせん状のケーブルとストレートなケーブルの組み合わせでできています。。

触った感じは少し硬めでざらざらしてます。耐久性には優れてそうな感じ。

硬いので折り曲げたときに癖がつきやすいです。

接続端子はType-A to Cなのがうれしいポイント。

コイルケーブルなのでデスクに合わせた配置ができます。

私の場合はサウンドバーが付いたモニターを設置しているため、デスク裏へまっすぐに配線できませんが、コイルケーブルはそれをよけてちょうどいい感じに。

接続も問題ありませんでした。

公式サイトで見る

キーキャップ&コイルケーブルのまとめ

今回紹介したキーキャップやコイルケーブル以外にも、多くのカラーやデザインがあります。

EPOMAKERではエヴァンゲリオンカラーのキーキャップやレトロな感じのキーキャプまで幅広く取り扱ってるので、もしかしたら皆さんが探してるキーキャップなどが見つかるかもしれません。

もし何かキーボードに関する商品をお探しなら一度EPOMAKERを見てみてください。

個人的にEpomaker Dawn Keycapsはシックな感じで好きなので購入しようか迷ってます。。

まとめポイント

  • デザインが可愛い
  • 種類が豊富で様々なキーボードに対応
  • コイルケーブルはカラーが豊富
  • 長さもちょうどいい
  • キーキャップの文字は光らない
  • ケーブルはちょっと硬い

以上、キーキャップ「Ice Cream(アイスクリーム)」とコイルケーブル「MIX cable」の紹介でした。

あわせて読みたい

-アイテム
-, , , ,