アイテム

PITAKAのApple Watch専用バンド&ケースレビュー。高級感と軽さを実現したカーボン

こんにちは!Neet BlogのR(@T0326Rです。

今回は「PITAKA」のApple Watch専用ケースとバンドをレビューします。

Apple Watchのスポーツバンドは、用途によってはちょっとカジュアルですよね。
PITAKAのバンドはカーボン素材100%使用で見た目は高級感ありながらも軽量で「ビジネスやフォーマルにも合うバンド」です。

今回は「PITAKA」よりApple Watch専用のバンドとケースを提供していただいたので外観や特徴など実物レビューをしていきます。

PITAKA Apple Watch専用カーボンバンド

PITAKAといえばアラミド繊維のカッコいい超軽量スマホケースなど、素材感を全面的に出してカッコよさと軽量さがモチーフのメーカーです。

PITAKAから出ているバンドやケースは、最新のApple Watch7を含めすべてのシリーズに対応しています。

そもそもカーボン素材で作られているバンドやケースは聞いたことがありません。オリジナリティのある唯一無二のメーカーなんです。

見た目は落ち着いてるので、ビジネス用途、フォーマルな場面でも活躍します。

PITAKA Apple Watchバンドの特徴

  • カーボン素材でシックなカッコよさかつ超軽量
  • 特許取得のマグネット式留め具
  • バリエーションは「モダン」と「レトロ」の2つ

バンドの部分は「モダン」と「レトロ」の2種類があります。

バリエーションは4種類

  • モダン:38/40/41mm対応
  • モダン:42/44/45mm対応
  • レトロ:38/40/41mm対応
  • レトロ:42/44/45mm対応

モダンとレトロの主な違いは、カーボン調のデザインとコマの形状。

価格はすべて9,299円となっています。

今回は「モダン」をレビューするよ!

モダンはこちら

レトロはこちら

PITAKA Apple Watch専用カーボンバンドの外観・デザイン

まず驚いたのは、バンドが入ってるケースがマグネットでくっついていること。逆さまにしても落ちてこない仕組みでよく考えられてる。

付属品は下記3つでした。

  • PITAKA Apple Watch Band × 1
  • 調整用のピン × 1
  • 予備のコマ × 2

こちらがバンド本体です。

見た目はカーボン調でカッコいい!

最近マグネット部分が改良され、錆びにくくなっています。

見た目もシンプルでいい感じ。

留め具にはPITAKAのロゴが刻印されています。

実際にAppleWatch 5につけてみましたが、スポーツバンドにはないフォーマルで恰好良い感じになりました。

重厚感があるけど実際はめちゃくちゃ軽い!!

PITAKAのカーボンバンドの実際の使用感

ここからは実際に使ってみて感じたメリット(良かった点)デメリット(気になる点)を解説します。

カーボン製で超軽量かつ大人チックなカッコよさ

やはり何といっても見た目はカッコいいです!特にカーボン調で引き締まるような見た目です。

見た目からは想像のできない着け心地で、めちゃくちゃ軽いです。

腕に装着した様子がコチラ。

結構重そうに見えますが、全然重さを感じません。締め付け感もないし、ふにゃふにゃもしていない。

大人チックで上品な見た目、そして驚きの軽さ。純正のバンドと比べてもカジュアル過ぎず、ビジネスシーンでも使えそう。

特許取得のマグネット式留め具でつけ外しが簡単

PITAKAのバンドは特許取得のマグネット式を採用。

意外とマグネット式ってないんですよね。

つけ外しも簡単で便利!

留め具の上に乗せるだけ

つけるときはマグネット部分に乗せるだけ。

押して外す

外すときは両サイドのボタンを押して外すだけ。

めちゃくちゃ簡単ですね。

癖のないバンドで置きやすい

純正のスポーツバンドは充電するとき広がったままですよね。
丸めて充電もできますが、横向きか充電器が宙に浮いた状態になってしまいます。

その点、PITAKAのバンドはぴったりとくっつくのでスペースを取りません。

これは個人的に一番といってもいいぐらい嬉しいポイントでした。

バンドの長さ調節が少し難しい

ピンで調節するタイプは初めてだったので少し難しいと感じました。

最初はピンが取れずいろいろと試行錯誤しました。何とか取れましたが次は付ける作業が...

何回かやっているうちにコツを掴んで最後は一発でできるようになりました。

詳しいコツは下に書いておくね!

黒以外のカラーバリエーションがない

正直カラーバリエーションが少ないのは残念ですね。柄は「モダン」と「レトロ」の2種類があるのですが、カラーは黒のみ。

個人的にはグリーンやブラウン、ホワイトなどがあるといいですね。

バンドの長さ調整のコツ

バンドをつけて最初にやるのは長さ調整ですよね。

ピンで長さ調整するのは初めてなので、個人的にやりやすかったコツを紹介します。

長さ調節(コマの外し方)

外したいコマの穴にピンを挿す
ピンを奥まで挿し、コマが外れるまでピンをゆっくり抜く
片方が外れたら、コマとコマの隙間に爪を挿す
爪を挿しながら反対側の穴に軽くピンを入れるととれる

反対側に勢いよくピンを挿すと中のバネが飛んでいく可能性があるので注意してください。

長さ調節(コマのつけ方)

コマにバネをつける
向きを合わせ、コマの片方にバネの端を挿す
反対側のバネをピンで押さえながらコマをくっつける
カチッと鳴って外れなければOK

PITAKAの公式チャンネルでも解説動画があるので、やり方が分からない方は見てみましょう。

PITAKAのApple Watch専用カーボンケース

Apple Watchにケースはいらないのでは?という方も多いと思います。
しかし、ケースをつけないで4年ほど使用した結果、ボタンや角の部分が傷だらけになりました。

そこでカーボン風ケース「Air Case」をつけてみました。

つけたらこんな感じ。

PITAKAのバンドも相まって、統一感がでました。

Air Caseは名前の通りとても軽いです。

以前使っていたクリアケースは5gもありましたが、Air Caseは1gを切る約0,7gとつけている感覚がないくらい軽いです。

軽い資材を使っているのもありますが、そもそも「めちゃくちゃ薄い」。

写真では伝わりづらいですが、薄さは1mmもない感じです。この薄さのおかげで軽いのかもしれないですね。

ケースをつけるとダイヤルが回しずらいのは残念かなぁ

そして細かい特徴として、ケースを付けたままバンドを外せます

今まで使ったケースは一度外さないとバンドは取れませんでしたが、Air Caseはダイヤル側から外せます。

まとめ

ここまでPITAKAのバンドとケースを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

AppleユーザーでAppleWatchを持っている人にはもってこいの商品です。

余談ではありますが、PITAKAではiPhoneやAppleWatch、AirPodsを同時に充電できるドックも販売してるのでセットで買うのもありですね。

PITAKAバンドのまとめ

  • カーボン製で超軽量
  • 大人チックなカッコよさ
  • 留め具はマグネット式で脱着が簡単
  • バンドに癖がなく起きやすい
  • バンドの長さ調整が少し難しい
  • 黒以外のバリエーションがない

PITAKAケースのまとめ

  • 超軽量かつ薄い
  • ケースをつけたままバンドを外せる
  • カーボン調でカッコいい
  • 少しダイヤルが回しにくい

今回紹介した商品はこちら

-アイテム
-, , ,